info-zero

小池

E-Book概要

小池

発行者名とくたけ
ジャンル自己啓発
ページ数14P
ランキング―位
※こちらのE−BOOKは「無料」でご覧いただけます。

内容説明

私は、東京都政の豊洲・築地問題にもオリンピック問題にもほとんど関心がない。

が、小池百合子・東京都知事に若干の関心と拍手を送ってきたのは、次の二つを期待したからである。

 第一は、“対ロ売国奴”で醜悪なロシア産ゴリラの“非国民”森喜朗の政治生命を剥奪して隠居に追い込んでくれるのではないか。

第二は、日本を“国家衰亡と裏腹の超福祉国家”に改造した社会党系社会主義者の“有害政治家”田中角栄を「天才」と称賛する“民族系”の“国賊”作家・石原慎太郎を豊洲移転検証委員会を通じて偽証で名実ともに抹殺してくれるのではないか。の期待である。

 小池都知事の政治成果は、“非国民ロスケ”森喜朗つぶしでは100点満点で15点。

“国賊作家”石原慎太郎つぶしでは100点満点で25点。

合計しても100点満点で40点だから、合格ライン60点を越えなかった。

このため、小池百合子の政治力はさほどでないな、と多少がっかりしていた。

 だが、さる7月2日の都知事選での小池新党「都民ファースト」の大勝は、意外な形で日本の国益を守ることになった。

安倍晋三が安倍ファンの多い日本会議に得意然と約束した(5月3日)、憲法を明かに改悪する“憲法改正のためのトンデモ憲法改正”をブッ飛ばしてくれて、日本の国防の根源を擁護するものとなったからだ。

 “口先だけの甘言と嘘つき”が得意技の安倍晋三は、今度もまた、公約「戦後レジームの脱却」をポイ捨てした。

岸信介を始め戦後日本が悲願としてきた第二項を削除して国防軍設置に代替する、正しい憲法第九条への正統な改正こそ「戦後レジームの脱却」の代表だが、これをしないと宣言したからだ。

 自衛隊を国防軍に昇格させずそのまま据え置くと憲法が定めることになる、「憲法第九条第三項として自衛隊を明文化する」との、日本の国防を重大に阻害する憲法改悪の旗幟を振り回す安倍晋三の暴走が開始された途端、小池百合子の“自民党都議団つぶし”のブーメラン効果が、安倍の狂った憲法改悪をぶっ壊した。

小池百合子が意図しなかった“瓢箪から駒”の功績。

 この功績で小池百合子には15点を加点せねばなるまい。

つまり、小池百合子の政治成果は、合計で55点、あと5点あれば合格の60点である。

小池百合子には、国政への復帰など決して考えず、ひたすら都政に集中邁進することを期待したい。

E-Book購読はこちらからどうぞ

小池

お名前 メールアドレス

注意事項


ページトップ