info-zero

尖閣

E-Book概要

尖閣

発行者名とくたけ
ジャンル自己啓発
ページ数20P
ランキング―位
※こちらのE−BOOKは「無料」でご覧いただけます。

内容説明

日本人は死んでいる。

“生きている人間”の範疇にある真っ当な日本人など一人もいない。

日本とは、一億人の屍体が蠢いている形骸国家。

旬日を経ずして急襲占領される尖閣諸島問題に対して、危機感を持つ日本人はゼロ。

政府の無為に怒りや憤りの声をあげるものも皆無。

この死人と同レベルでのアパシー情況は、日本人が人格を喪失して日本国民ではなくなった証左だし、それ以下の生物学的ヒトになったことから生じているからだ。

 特に、この尖閣諸島を友邦の米国に丸投げして「日本はいっさい何もしないぞー」「どうだ、安上がりだろう!」と決め込む“幼児型お馬鹿首相”安倍晋三に対して、日本人の誰一人も、安倍の異常な無策と非・道徳性を糾弾し詰る声をあげない。

「日本人は死んでいる」は、文学的な表現ではない。

冷静・客観的な観察をすれば不可避の表現。

人間が持つべき倫理道徳も民族の魂・矜持も喪失した生物学的ヒトとなった日本人とは、現実にも“歩く屍体”以外の何ものでもなかろう。

中共の「尖閣」急襲上陸演習を歪曲報道しかしない新聞・テレビとこの演習を徹底無視の安倍晋三

 (この意思決定は小平の1972年だが)中共が「尖閣諸島」を実際に急襲して上陸占領する準備を開始したのは、野田政権の国有化(2012年9月)のほぼ一年前。

そうでなければ、2012年4月に第一回の中ロ海軍合同演習「海上連携」を始めることはできない。

この軍事演習(2012年4月)には尖閣上陸が企図において組み込まれ、ために演習場所が尖閣の目と鼻の先の山東半島になった。

 この中ロ軍事演習「海上連携」のうち、(二回も行った)2015年の後半第5回は、日本を標的にウラジオストック沖を選び、当然のことのように尖閣上陸演習を行った。

 が、防衛省も自衛隊も安倍晋三も、この演習に、誰一人として戦慄しなかった。

日本の政府には、総理官邸であろうとその他であろうと、尖閣はむろんその他の日本領土を守ろうと僅かでも考える官僚・政治家は一人もいない。

今では日本人全体のコンセンサスとなった自国領土放棄主義(病)は、戦後日本人を汚染した二つの狂ったカルト宗教(イデオロギー)の成果である。

E-Book購読はこちらからどうぞ

尖閣

お名前 メールアドレス

注意事項


ページトップ