info-zero

火星

E-Book概要

火星

発行者名とくたけ
ジャンル自己啓発
ページ数18P
ランキング―位
※こちらのE−BOOKは「無料」でご覧いただけます。

内容説明

「海自イージス艦も空自パトリオットPAC3も全く役立たず」を証明してくれた金正恩に感謝しよう!

 8月29日午前6時頃、北朝鮮は「火星12号」を、北海道・渡島半島及び襟裳岬の上空を通過飛翔させる対日“威嚇”を行った。

着弾は北海道の東海上で、発射場からすると2700劼糧翔距離であった。

「火星12号」の本来の射程は「4000辧繊廚世ら、ブースター・ロケットの液体燃料パイプを途中で締めたと考えられる。

 この種のミサイル飛翔距離の短縮技術まであるとすれば、ロフト軌道(備考)での打ち上げ能力と総合すると、対日核・化学弾頭投下に使用される弾道ミサイルは、300基強の「ノドン」に加え、生産されている「北極星2」「ムスダン」「火星12号」などほとんどが対日用だとカウントしておかねばならない。

備考;日本では、lofted trajectoryを「ロフテッド軌道」と訳す。

誤訳ではないが余りに拙訳。

trajectoryを「軌道」と訳すならば、loftedは「ロフト」と訳すのが、和訳のイロハ。

 今般の「火星12号」対日上空投射は、日本のもつ二つの深刻な危機的現実を、“痴呆化した一億日本人”に突きつける貴重な啓蒙の働きをなしたことにおいて、日本にとって金正恩に感謝すべき実験だったといえる。

「火星12号」の対日投射が暴いた日本のお寒い現実の第一は、この「火星12号」を迎撃する態勢を、日本側が一切取っていなかったこと。スタンダード・ミサイル3のイージス艦も、パトリオットPAC3も、この「火星12号」を迎撃できる位置には配備されていなかった。

日本は丸裸の完全に無防備だった。

 第二は、現実の有事では奇襲攻撃で始まる“数百発の対日核弾頭/化学弾頭”を雨霰と日本に投射するから、一気に三千万人以上の日本人が阿鼻叫喚の地獄絵の中で殺戮されるだろう。

だが、このような奇襲を含めて無警告・大規模攻撃こそ戦争の当たり前の常態。

ところが、これまで安倍晋三らは、この当然の状態をひたすら歪曲し隠蔽し、過去数年にわたって、今も、日本国民を騙し続けている。

 今般、金正恩が「無警告」という有事と同じ弾道ミサイル投射を行ってくれたことによって、安倍晋三たちの国民騙しがバレた。

E-Book購読はこちらからどうぞ

火星

お名前 メールアドレス

注意事項


ページトップ