info-zero

深刻

E-Book概要

深刻

発行者名とくたけ
ジャンル自己啓発
ページ数31P
ランキング―位
※こちらのE−BOOKは「無料」でご覧いただけます。

内容説明

民族系雑誌のこのところの動きは、日本が抱える深刻な情況を白日の下に晒している。

“深刻な情況”とは、「日本には愛国者が一人もいない」「知と倫理ある評論家が一人もいない」という事態を指す。

この事態を、民族系三誌のうち、産経新聞社発行の“愚論・妄論・狂論垂れ流し雑誌”『正論』を俎上に挙げて証明しよう。

八木秀次のカルト宗教狂言「憲法に《自衛隊》と書けば、北朝鮮の弾道ミサイルがこの世から消滅」

 『正論』10月号(9月1日発売)に、有害な“お笑い”巻頭対談がある。

無学・無教養まる出し“エセ憲法学者”八木秀次と、放送作家上がりで(これまた)無学・無教養な“俄か評論家”百田尚樹が、「粗雑・乱暴・低級な対談にしても、ここまでひどいとは!」と誰しもが絶句する、日本を危殆に瀕ししめて祖国毀損おびただしい、余りに危険極まりない雑談に興じていた。  

 八木秀次はこの笑談で、安倍晋三を“万能の最高政治家”だと抱腹絶倒のバカバカしい前提を仮構して、「安倍晋三を叩くから、北朝鮮がICBMまで造った」という究極の法螺話を宣託する。

 無知蒙昧を絵に描いた八木秀次とは実は、教育勅語を振り回した“詐欺師”籠池泰典と同類の“嘘つき男”。

八木がいかに詐言で生きているクズ人間であるかは、この噴飯物の仮構一つで一目瞭然だろう。

実際にも、八木と籠池の間には交流がある。

トリック的な牽強付会を振り回す“三百代言”八木秀次が展開した『正論』誌での真赤な捏造話の一つが、次。

「北朝鮮のミサイルで日本中が大騒ぎしていますが、長年、憲法九条の改正から目を背けておきながら、いざ現実を突きつけられると慌てふためく」(57頁)。

「自衛隊を(安倍晋三が目指すように)憲法に位置付けるのみならず、戦力・軍隊にするとか、核武装の是非も含めた本格的な議論が本当は必要なのです。

ところが野党やメディアは・・・・・と騒ぐ・・・間に、北朝鮮はアメリカまで届くICBMの開発に成功したとも報じられ、米朝間に緊張が高まっている。

・・・ここはメディア対策を踏まえた戦略の練り直しが必要」(67頁)。  

 これを読んで、直ちに八木秀次が詐話師だと気づいたものは頭が健全。

が、気づかなかった者は水準以下だから政治に関与する資格がなく、投票などせず“365日働く”事に精を出し国に尽せ!  

E-Book購読はこちらからどうぞ

深刻

お名前 メールアドレス

注意事項


ページトップ